ビジネスライフ

【ブログ】ワークライフバランス、育児休暇、制度等、問題に思う事やビジネスライフに役立つ情報を発信します。
ブログ
乳腺コンシェルジュマイレッスンビジネスライフお休みの日セラピー&カウンセリング


制度について(2)〜育児休暇の現状

先日、参加した※セミナー内で、現在育児休暇取得中、取得後、またこれから取得予定の方々と一緒に、グループディスカッションを行いました。私自身は、育児休暇を取得したことが無かったので、現場の生の声を是非聞いてみたいとの思いからの参加でした。

ディスカッションの中でも多かった意見は、「申請をしているにもかかわらず、周囲に気を使ってしまい、なかなか「お先に」と言えずすぐに帰れない」「上司が理解してくれない」「食事が手抜きになる」などです。申請をしている当事者は、おそらくほとんどの人が、「周囲に迷惑をかけないように」と日々の勤務で工夫をこらしているでしょうね。周囲も、当事者の気持ちは気づいていても、組織の一員として意識を変えるということや、職場の雰囲気を変えることは、大変難しいのだと思います。話し合いの間、皆さんは、このままでは先がしんどい、不安、くじけそう、といった心配げな様子でした。皆さん初対面にもかかわらず熱心に話していらっしゃったのですが、時間が足りなくなり、グループ毎にまとめることができませんでした。でも、参加者各々が課題を持ち帰った日になり、また、みんな同じような問題を抱え悩んでいるという安心感も持てたなら良かったと思います。
※平成28年1月30日 育休後のハッピーキャリアカフェ/講師山口理栄さん(滋賀県主催 仕事と生活の調和推進会議しが後援)ピアザ淡海にて。

今日は桃の節句ですね。日頃の慌ただしさを忘れて、お雛様のような穏やかな微笑みで1日過ごしたいと思います。

制度について(1)〜宮崎議員による育児休暇の取得から

女性問題で渦中の自民党の宮崎謙介が、昨日正式に議員辞職をしました。会見報道を見て、私は腹立たしさやもやもやを感じました。なぜ育児休暇を取得したのかという説明や、育児休暇制度取得普及のイメージを、悪いものにしてしまったことに対するお詫びが聞けなかったからです。彼は自覚無しに、育休を利用して自分のイメージアップを狙ったのだろうかと思います。また、国民…これから取得しようと考えているご夫婦や、今現在取得しているご夫婦に対するお詫びの言葉が無かったことです。あの方には残念ながら、迷惑をかけた相手は、奥様や生まれたばかりのお子様にだけではなく多くの、本制度に関わる全ての人達に多大な迷惑がかかった自覚が無いですね。最近つくづく感じるのは、法律は作った時(改定も含む)がスタート、使いこなすには、数年から数十年かかるという事です。そして、その間に起こる個々の問題事例は数限りなくあり、起こったことを見聞きした時に、他人事とせずに、そこから何を学ぶか、参考にできないか考える、これが大切です。次回は、育休に関する現場の生の声について書きます。

手帳の活用

今年も残り少なくなりました。皆さんは手帳を普段お持ちでしょうか。私は9月始まりのスケジュール帳を使っています。書店や文具店に様々な手帳が並んでいますね。デザイン性に優れ、カスタマイズもできたりと選ぶのが楽しいものです。

 

2016年の手帳を買うかと言う質問では、「買う」…31.4%、「買わない」…68.6%(ヒトのデータドットコムより)という結果があります。

 

私は、デジタルとアナログはどちらか一方のみ使うのではなく、併用するのがより便利に思います。

 

私はいつも三日坊主ですが、こちらの著書のおかげで続けることができるようになりました。一冊の手帳を隅々まで使いこなせるようになりたいものです。

 

 

4 コメント

大阪高島屋「クレパス画名作展」を見て

大阪高島屋「クレパス画名作展」を見て

来年のスケジュール帳が書店や文房具店に並ぶ時期になりました。ビジネスマンのうち80パーセントが手帳を使っているそうです。デザインや機能性も様々で、手に取ってパラパラと見るだけでも楽しいですね。ビジネスマンの中には、万年筆に何万円も支払う方もいるとか!私にとっての商売道具は、主に画用紙と※オイルパステルです。先日、大阪高島屋で開催されていた※「クレパス画名作展」に行き、今昔合わせた約150点の作品を見ていて気づいたことがあります。それは、「私ももっと画材に敬意を感じて使用したい」と思ったことです。何故なら、これらが無ければ今の私はいませんし、この先もずっと必要不可欠なものだからです。
料亭に行った時をイメージしてみてください。食材や味付けや調理方法、またお料理を丁寧に盛り付けられた器…これらには、料理人の真心や創意工夫、、こだわり、センス、技術などが一つの作品として客に提供されますね。私のセラピーにおいては、料理人が使う包丁などの調理器具がオイルパステル、食器が画用紙、そして料理がクライエントの心と私の持つ技術です。そのようなイメージでいると、自分の行うセラピーが更に充実したものになると思うのです。あなたにとっての商売道具は何ですか?そしてそれを大切にしているでしょうか
※  パステルには、ソフトパステル、ハードパステル、パステル鉛筆、オイルパステルの種類があります。オイルパステルは、スティック形の油性固形描画材の一種。クレヨンより柔らかく、盛り上げや伸ばし、引っ掻き等が可能となり、実に多種多様な表現力に富みます。ちなみに、今回の展覧会の作品に用いられたクレパス(サクラクレパス)もオイルパステルの一種です。
※  開催終了「クレパス画名画展」…2015年9月16日〜28日大阪高島屋グランドホールにて 心理カウンセリング サロン・ド・クロワッサン

 

ブログページ

ブログ乳腺コンシェルジュマイレッスンビジネスライフお休みの日セラピー&カウンセリング

人はみんな聞いて欲しいと思っている

私は、15年間ワーキングマザーとして接客業をしてきました。喫茶店のウエイトレスだった頃は、おひとりで来店されたお客様と雑談をしました。他の色んな商品の販売レジ業務でも、たとえほんの短時間でも会話を交わします。いつも叱咤激励をいただき、色んな勉強ができました。

特に病院内勤務で感じたことは、本当にみなさん良くお話されると言うことです。最初は、病気のこと、医療用品等の説明、症状や術前術後の食事内容等を、何故医師や看護師に聞かず私たち販売員にお聞きになるのか?不思議で仕方がなかったのです。確かに医師や看護師さんからの説明は当然あるでしょう。しかし、そこには同時に、忙しくされているという現実、対等でないという感覚((実際は対等かもしれませんが、遠慮があったりするようです)があるため、患者さんやそのご家族の方のお気持ちは、私たちには専門的な内容について的確な答えを求めているのではなく、痛みや悩み、不安を聞いてもらい一緒に考えて欲しい、そして私たちから「大変ですね、お辛いでしょうね」「お大事になさってください」と言ってもらい安心することなのだと気付いたのです。

言葉が不自由な方も、身体が辛くしゃべりにくい方も、痴呆のある方も、必ず自分の話を聞いて欲しいと思っています。

販売員にはじっくりと聞くと言う時間はないこともほとんどでしょう。でも、少しづつでも意識して実践することは可能です。

それが結果的に、自分の接客業のモチベーションを上げ、自分が成長していく重要ポイントだと思います。

心のセルフケア 〜学校の先生へ〜

今の先生は、本当に大変だと思います。家庭教育の領域を学校で期待されます。携帯電話、インターネットの普及により、大半の子ども達は親も先生も目の届かない世界に入り込んでいます。

志しのある先生ほど精神的負荷は強いでしょう

是非ともご自身の精神を丁寧にセルフケアしてください。

できれば、自覚症状が出ない段階で、定期的にコーチングやカウンセリングを受けるよう意識して欲しいと思います。

何故なら有害なストレスは、症状が出てからではすでに根っこが深く張っているのですから


子は世の宝…私は、先生と言う職業は素晴らしいと思っています


イジメについて 〜先生へ〜

生徒からイジメのサインが出たら、大小や深さを自己判断しないでください。

忙しかったらすぐに返事をせず、「今、先生は多忙だけど必ず一緒に考える」とこちらからも守りのサインをだす。

そして、十分その子の話を聞いてあげる。「十分」とは自分の主観でなく生徒の気の済むまで。

一人で抱え込まず校長先生やスクールカウンセラーなどと手を組む

人は自分の理解者(その子の味方)がいれば生きていけます。すぐに回答することを意識せず、まずは「君は先生の大事な教え子だよ、失いたくない」と繰り返し伝えください。できれば自分のことを「先生」と表現せず自分の氏名を名乗ると目線が生徒と並び、伝わりやすくなるでしょう。

だって先生は心理学を専門的に学んだ心理療法士じゃないのですから。

私の知り合いの元小学校教師で今90歳の方のお言葉です。「昔の先生は勉強だけ教えていれば良かったよ」

ワーク・ライフ・バランス

2週に渡り、男性の育児参加について取り上げました。今日はこちらと切っても切れない「ビジネスとの関わり」について少し見てみましょう。社会の仕組みや企業のあり方とビジネスマン(ビジネスウーマン)の育児の参加は、相互に関わりあっています。しばらく前からの企業側のフレックスタイム導入、育児休暇の取得の推進・希望者による取得の実現、保育園の充実による待機児童の減少、更にリビング起業家の増加、ネットビジネスの増加等今や働く形は多種多様となりました。つまり言いかえると、個人の生き方自体が多種多様な選択のできる時代になりました。この現象は今後も増加を続けることでしょう。

さて、ワークライフバランスと言う言葉をご存知でしょうか?
以下に内閣府が掲げている説明文を載せておきます。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章
仕事と生活の調和を推進するための「大きな方向性」を提示  →  仕事と生活の調和の必要性、調和が実現した社会の姿、その実現に向けた各主体の役割

仕事と生活の調和推進のための行動指針
「企業や働く方、国民の効果的な取組」「国や地方公共団体の施策の方向性」を提示  →  各主体の取組、目指すべき14項目の数値目標、実現度を測る指標、推進状況の点検・評価の仕組み

推進体制
仕事と生活の調和連携推進・評価部会  →  「憲章」・「行動指針」に基づく点検・評価、連携推進


ここで、昨年発表された2014レポートに宣言書がありますので、こちらも付け加えておきます。
※2020年の目標数値に向けた進捗状況に遅れが見られる指標については、その改善を図るため、労使、国、地方公共団体においても、課題への対応について検討し、仕事と生活の調和の実現に向けた取り組みを加速していく。

※(注)2020年の数値目標とは…大まかに言うとフリーター、マタニティーハラスメント、労働時間、育児休暇取得、介護・看護等による各諸問題解決改善目標値のこと


私は、ワーク・ライフ・バランスの取り組みを、アベノミクス経済成長戦略の中の女性の社会進出・活躍に限定することなく、また育児に関わる関わらないと区別することなく、働く全ての人により理解されることがとても重要だと考えます。それでは、次回はこのワーク・ライフ・バランスについて細かく見ていきましょう。

称賛と承認

共感受容(1)(2)について3回にわたり取り上げました。このふたつをセットで行うことで、とても良い人間関係が作れます。4月12日号では称賛と言う言葉も書きました。今日は、共感と受容を更に発展させることができる称賛と承認について取り上げます。

まず、称賛とは「行為や行為の成果に対して褒めたたえること」と言う意味で、具体的には「すごいね」「偉いね」「さすがだね」などの気持ちを表す言葉がけや「称賛の拍手」などをさします。
一方、承認とは「良しとして許す」「そこにいることに気づく」と言う意味なので、対象となる個人(承認される側の人)を丸ごと認めるという事です。
承認を受けた人は、一生の記憶に残るほどの達成感を得、やり甲斐や生き甲斐を感じることができるでしょう。
★あなたが上司ならば、「受容・共感・称賛」「受容・共感・承認」どちらを使うべきですか
★あなたが部下ならば、「受容・共感・称賛」「受容・共感・承認」どちらを受けたいでしょうか
あらかじめ決めて念頭に置くことで、自ずと態度や言動に表れてくると思います。 心理カウンセリング サロン・ド・クロワッサン

 

ブログページ

ブログ乳腺コンシェルジュマイレッスンビジネスライフお休みの日セラピー&カウンセリング

受容について(その2)

受容とはどういうものかビジネスシーンの一例で見てみましょう

(例)
某会社でプレゼンテーションがあり、会社員Aさんは初めて発表をしました。
次の日、直属の上司Bさんは発表の終始とても緊張していたAさんを呼び出し、感想を聞きました。
①一般的な上司と部下の場合
上司B「昨日は緊張してたの?随分と時間がかかってしまっていたようだね」
部下A「すごく緊張しました。人前に出ることが苦手で…正直もう二度とやりたくないです」
上司B「うーんそうか、内容は良かったようだが聞いてる側としては、わかりずらかったねえ…仕方ない次はCさんにお願いすることにするかな」
②受容的態度のある場合
上司B「Aさん昨日は緊張しましたか」
部下A「すごく緊張しました。人前に出ることが苦手で…正直もう二度とやりたくないです」
上司B「どんな風に緊張しましたか?ドキドキしたのですか」
部下A「はい、心臓もドキドキでしたし、ずっと手が震えていました」
上司B「前の日からですか?」
部下A「実は3日も前から夜も眠れず食欲も無かったんです」
上司B「そうでしたか…  それではもし次回のプレゼン会場が今回より狭かったり、出席者の人数が少ないようなものならどうですか?」
部下A「それならやってみたいと思います」
上司B「他にも席の配置や照明等Bさんがやりやすい方法でやればいいですよ」
部下A「ありがとうございます」
いかがでしょうか
①よりも②の方が両者とも前向きで発展的な会話ですね
BさんはAさんの話を詳しく聞くことで、Aさんの精神状態をイメージして把握することができます。Aさんも上司に自分の気持ちをわかってもらえて安心し信頼関係ができます。上司と部下に信頼関係ができてくると、職場の雰囲気も良くなるでしょう。
詳しく聞くことはとても大切です。
「相手の気持ちを詳しく聞き出す=相手の精神状態のイメージを広げる」
聞き出す側が相手の精神状態をイメージすることで相手の立場に立つことが出来、相手を受け入れることができるんですね。受容が出来て初めて共感することができます。言い換えると、受容が出来ずに共感しても、うわべだけのものとなり信頼関係は築かれません。
【補足】上記のように話し合いの時間を充分に持つことに加えて、更に場所をいつものオフィスではなく上司の方からすすんで声かけして部下とオフィスの外に出、景色を見ながらやカフェなどでリラックスした雰囲気の中で会話すると良いでしょう
【注意点】
あくまでも、この例はビジネスシーンにおいての場合fです。受容する側は、個人的な内容(家庭問題等個人の抱えること)に触れないように。
次の記事➡称賛と承認

受容について(その1)

受容とは、「受け入れ取り込む」という意味ですが、あまりにも漠然としていて一体どういうことかピンと来ないと思います。
しかし、ビジネスパーソンとして是非とも理解していただきたいと思います。
私が去年の11月に参加した※セミナーで、講師の安藤哲也さんが受容・共感・称賛について話されていました。この部分は心理学を学んだ者でないとかなり難しい内容だろうと思いましたが、説明自体は短時間でした。講師側は伝えるべき内容も多く時間も限られていることでしょうから、セミナー受講者自らか時間をたっぷりとって更に理解する努力をしていく必要があるでしょう。
受容的態度は本当に奥が深いものです。受容と共感の両方をマスターすることは、決して心理学に限るものではなく、ビジネス上でも、また親子間等の人間関係をも改善できます。私自身、これからも勉強を継続ししっかりと身に付けていくべき課題だと思っています。それでは次回へ続きます(受容(2))、お待ちくださいね!
※イクボスでいこう!〜イクボス10か条のススメ〜
平成26年11月26日(開催終了しています)
講師;安藤哲也氏     
主催;草津市、ファザーリング・ジャパン滋賀

共感は大切

お花見は一人でしましたか
それとも複数でしましたか
今日は、友人同士のAさんとBさんが二人でお花をしたと仮定して、共感という言葉についてお話しします
Aさん   「わあー桜とっても綺麗」
Bさん   「本当ねすごく綺麗、来て良かったね!」
Aさん   「Bさんと一緒に来れて良かった」
Bさん   「私もAさんと来れて良かったよ」
この様に、Aさんが桜を見て感動した感情に対して、Bさんも、Aさんに似たような感情を持ちその気持ちを言葉にすることを「共感する」と言います。
日常生活においてこのようなやりとりは頻繁に行われています
この時に大切な事は、このBさんの共感的な発言(共感的態度と言い、大きくうなづく、微笑む等も含む)はAさんの気持ちにとても良い影響を与えるということです。
つまり、Aさんは今まで以上にBさんに対して親しみを感じ嬉しいと思うのです。
「共感する」という態度は、上司と部下、同僚同士、お客さんと販売員、その他色んなビジネスシーンで、より良い人間関係構築が期待できる態度であると思います。
(次回は、「共感」をパワーアップしてくれる「受容」についてのお話です。)

病は気から(症状編)

まず今日は、学問の予防医学を、狭義の意味「病気になってから治すことより、病気になりにくい心身を作る。病気を予防し健康を維持する」で取り上げてみましょう。そうすると私達にもいろんなことがわかります。
私達にとって上記の意味に当てはまる一番身近なものでは、予防接種、健康診断や人間ドックがあります。
また、日常的にとる行動では、スポーツ、サプリメントや栄養ドリンクの摂取等も当てはまるでしょう。
次に「病は気から」ということわざを見てみましょう。
昨年11月、大阪大学免疫学フロンティア研究センター(鈴木一博准教授ら研究グループ)の発表により、ストレスと免疫の関係から「病は気から」の科学的根拠が証明されました。
そして実際に、私達の心身の状態は、ストレスを受ける※期間の長さや強さに応じて移り変わっていきます。
★★★★★★★★★★
①何かモヤモヤ、イライラが続く、ずっとしんどい、気分が落ちるすぐれないなど…
そんな状態の時に、忙しいとストレスが蓄積され発散する余裕がなくて、つい我慢してしまう
      ⇩  ⇩  ⇩
②次第に疲れがとれない、疲れやすい、眠れない、食欲が無くなる、やる気が無くなる、身体が思うように動かない、不安状態など…
      ⇩  ⇩  ⇩
③やがて身体の病的症状、ウツ状態、いつもの日常生活ができなくなる、対人関係のトラブルなど…さらなる深刻な状態に陥る
      ⇩  ⇩  ⇩
④ようやく内科や診療内科を受診する。
※①〜④の進み方は、個人差で一気に進んだりゆっくり進んだりします。進んでしまうと大変辛いのですが、一番の問題点は「病は気から」の「気」 を取り違えて「自分は弱いからだ」「我慢が足りないからだ」などと自分を責める場合です。
★★★★★★★★★★
今回は、現実的な少し重たい内容になってしまいましたね!
ちょっとしんどくなってしまいましたか?
でも言い換えると、ケアしていれば心配しなくて大丈夫と言うことです。
「日常的な心のケアポイント」
①自分磨き
②ビジネスの本質(目的・目標)発見
③ワークライフバランス(仕事と生活の調和)
これらを知る・楽しんで続行する
次回は明るく参りましょう!

心のウオーミングアップ

スポーツ前に行うウオーミングアップの定義は、以下の通りです。
「スポーツ前に行う軽い準備運動
本来の運動能力が円滑に発揮できる状態を作る
外傷を未然にふさぐ上で重要な意味を持っている」

「そこから転じて物事を本格的に始める前にする軽いならしのことも言う」

では心もウオーミングアップできるでしょうか

私はできると思います。心のウオーミングアップは、例えば、アロマセラピー、アートセラピー、カラーセラピーなどいわゆる癒しの技法の多くを活用することができます。

また、これらの活用は、セッションスタート時の緊張感を和らげ自分らしく振る舞え、本題のセッションにより良い効果を発揮することもできると期待します。

そして更に付け加えるならば、クライエントとカウンセラーがリラックスしてセッションの準備をする様子は、※ラポールが築かれている状態(前回の記事参照)と言えるでしょう。

ラポールを築く

カウンセラーが相談しやすい雰囲気作りをすることは、とても大切です。誰しも唐突に「あなたの悩みは何ですか?」と尋ねられたら、緊張や警戒心を抱くでしょう

私がクライエント側であるときもやはり同様です。

例えば、学校カウンセラーに相談したときは、カウンセリングタイムが授業の50分枠に限られており、唐突に上記の質問を尋ねられました。

ところで※ラポールという言葉をご存知でしょうか

※ラポールとは…フランス語で「橋を架ける」の意
相手と自分との間に橋が架かっているようなイメージの状態。比較的短時間で心が通じ合い互いに信頼し相手を受け入れている状態をさす。
ミラーリングをはじめ、いくつものテクニックが存在する

私は、このラポールを築くことはカウンセリングだけでなくビジネス全般においても必要なことだと思います。

あなたが講師なら生徒との

あなたが営業マンならお客様やお得意様との

あなたが社長なら社員との

あなたが上司なら部下との

ラポールを築く工夫をしてみましょう

人生は、ロング アンド ワイディング ロード

ビートルズの楽曲

The Long And Winding Road(1970年)は十代からずっと変わらず好きな曲です。

メロディーラインが綺麗で、聞くたびにゆったりと時が流れる感じを受けます。

 

 

人生は長く曲がりくねった道

 
自分は今、どんな様子

自らの足でしっかりと立っているか、グラグラしていて支えが必要か

 
速度は

早いかゆっくりか

道はどんな様子

凸凹、硬い柔らかい、歩きやすいそれとも歩きにくい

 

目標物は見えるか
それは物、それとも人物

それは近い遠い

 

ひとりで歩いているか、誰かと一緒か

 

そして心は何かを感じていますか

それは障壁ですか、それとも希望や生き甲斐でしょうか

 

つい私達は※「今」に視点が行きがちで、悩みや苦しみも短い期間で捉えがちになります。

例えば、同じ量の土を掘るのに面積を広くとると浅くなり、面積を狭くとると深くなる…

悩みや苦しみも期間の長短で深さが変わってくると思われます。

期間の長短を、日単位・週単位などで捉えているとそれはとてもしんどいと感じます。

人生は長く曲がりくねった道

私達ひとりひとりがそこを歩む旅人ですね

 

※「今」に視点がいきがちな人

もちろん「今」も大切

そのバランスをとっていくことを意識しましょう

 

 

 

ポールマッカートニーは

現在72歳、昨年の体長不良による日本公演キャンセルを乗り越えて、早期実現にとても意欲的ですね。先日、今年の4月に来日公演を開くと発表がありました。

きっとお元気な姿を見せてくれるでしょう

 

 
0 コメント

子供の頃の苦手な教科は悪くない

「私には得意な教科なんてなかった」「得意なものなんて全然ないの」「得意なものがある人は羨ましい」などといった相談を受けることがあります。

しかし、大丈夫です
忘れているだけです。子ども時代に、何かをして大人に褒められたり、偶然良い点数を取った時の嬉しかった気持ちが強かったりしたら、誰でも自信に繋がるものです。
その反面、好きだったのにたった一回悪い点数を取ったり、頑張ったのにその努力を認めてもらえなかったならば、自信を失いそれ以上伸びません。当時の教師との相性もあるでしょう

私は、その子の能力が決して低いのではなく、その子が自分の心の中で「苦手」と認識されてしまった経験が、大人になってもなおずっと引きずられ、現在のコンプレックスになってしまっているとさえ思います。

ですので、「得意だった教科が無い」「得意なものなんて全然ない」と※卑下される方こそ是非
子どもの頃の経験(良いことも良くないことも)を大事にしていきましょう!
こういった方は、今の生活に意識が集中しているので、※精一杯今の自分を頑張っている状です。

2回続けて子ども時代の教科について取り上げました。今後も当ブログで子ども時代の経験を思い出していく時間を持っていきます。そうしていくと、不思議なことに自分を可愛く思え、大事にしていこうという意識がジワジワと出てくると思います。つまり、苦手なことまで受け入れることができるようになります。



補足ポイント
※自分を卑下する言葉を周囲に言う効果…
成長をしたいという意思表示になる


※精一杯自分を頑張っている状態…
セルフケアすべき状態
(日を改めて取り上げていきます

0 コメント

考えるのはちょっとだけ

久し振りに子どもの頃の授業を思い出してみます。

 

理科や保健体育また家庭科などの授業で、私たちの身体の仕組みや食物の栄養素について学習しました。夜更かしをしたら体調を崩す、栄養が偏ると風邪をひいたり病気になる、外で元気に遊ばないと身体が成長しない、などの知識も繰り返し大人から聞かされ習得しました。

 

また、道徳や国語では、気持ちや心について学んだり考えたりしました。

 

その時、子どもの私たちは不思議な感じがしたと思います。

身体の中も心の中も見えないから毎日は面白くて、切磋琢磨して頑張り、前向きに成長していけるんだと思います。

 

前回(1月8日)の内容で
その誰もががやっている当たり前の自分磨きに何をプラスするのか? 
という課題に対して「今は考えないで大丈夫」とお伝えしました。

 

大人になった私たちは、自分の精神を、また他人のそれを一体どれだけ理解しているのか

おそらく心理学の専門家にお任せです

 

見えないし、知識も少ししかなく考えれば考えるほど深い悩みになり堂々巡り…

家族、友人、恋人、会社関係者などあらゆる対人関係、また、責任感や希望などとも複雑に絡み合ってしまう…

 

一方、テクニックを知り使えば悩みは磨きになります
テクニックを使ってちょっとづつ考えてみる。そうしていくうちにオリジナルな自分磨きの方法がどんどん見つかっていきます。
そしてそれは、何故かとても楽しいものワクワクする感覚となっていくんです!

 

今みたいに、子どもの頃の学習一つを取り上げてみてちょっと思い出してみるだけでも懐かしくて楽しいひとときですね。
0 コメント

自分磨き

自分磨きって何だろう…

自分磨きって言うと、女性ならエステやおしゃれセンスを磨くとか、男性ならスポーツジムに通ったり、検索してみると“靴磨き”なんていうのも出てきます。最近では※表情筋を鍛える方もいらっしゃるそうです。
ビジネスに役立てたいなら、一般的には所作=ビジネストーク、マナー、会釈や姿勢などで相手に好印象を与えるものを習得する訓練をするでしょう

これらは、相手に自分の印象をアップさせ自分自身(または自分の仕事、自分の会社の商品など)を売るためにとても大切なアクションだと思います。

しかし、これだけではとても表面的で、且つやって当たり前の最低限のことに過ぎないことだと思うのです。

その当たり前のことに何をプラスするのか?
 
今は考えないで大丈夫です
今の段階では「何かあるんだなー」と、ちょっとだけ意識に置いておいてくださいね

※ワンポイントメモ
表情筋とは
顔の目や口、鼻などを動かす筋肉をいいます。
顔には30種類以上の筋肉があり相互に作用し、人間の複雑な表情を作り出しています。
しかし、私たちは通常の生活では全体の30%しか使っていないそうで、この表情筋を鍛えることで印象アップの期待に加えて加齢に対するアンチエイジング効果説もあります。