子供時代の得意な教科は今に影響している

子どもの頃の授業で、得意だったまたは大好きだった教科はとても大切です。
私の場合は美術でした。

幼児期から高校時代まで趣味にしてましたが、それ以降は美術館に行く程度でした。その後、幼児の子育て期間中には子どもと一緒にお絵描きをする機会は沢山ありましたが、親として関わっていました。

そして、母親の役割が終わりに近づき自分に意識が向いていった時、様々な過程を経てアートセラピー・ アートカウンセリングに巡り会いました。好きなカラーのクレパスを選んだ瞬間に幼児期の自分を思い出し「これが自分に必要なもの」と強く感じることができたのです。
 
つまり、自分自身と向き合って初めて、忘れていた幼少期の楽しかった時間、ワクワクする感覚を思い出し今の自分に繋がったと言うことです。

 


次回予告「苦手な教科について」