私のクライエント(来談者)側経験

自分がカウンセラーを目指すまでの過程で、キャリアカウンセリングとコーチングを受けてきました。

今日は※その時感じたことをお伝えします。

初めて訪れるカウンセリングルームに強い緊張感
初対面のカウンセラー(またはコーチ)に恐縮
自分や相手の視線、表情、口調が気になる
相談内容をあらかじめ用意していたにもかかわらず、やりとりの間に話の筋道を外れる
思いが混乱する
言葉を選んでいるうちに時間がどんどん過ぎていきその事に意識がいってしまう

日々忙しくビジネスをしていると、受けてみたくても相性の良いカウンセラーやコーチに出会うまでの時間とコストが捻出できずに機会を失う事になります

こうして私のクライエント経験は「クライエントもカウンセラーも相互にもっとセッションタイムを楽しむ!その工夫を自分がする」それが私の課題になりました。


※今回は、マイナス面に感じられることばかりを列記しましたが、もちろんプラス面もたくさんあります