イクメンパパにエールを送る

最近は、イクメンパパ用子育てアイテムの発売や、著名人の子育て奮闘記ブログ、育休(育児休暇)取得の増加など、父親も参加し易い環境が進んでいまずね。しかしその一方、男性側にとって育児と仕事の両立等で様々な悩みを抱えている方も多いと言う現実。せっかく成長の著しい時期でまた可愛いさかりの我が子を育てるにあたり、親側もイキイキと楽しく、そして自信を持って携わっていっていただきたいなと思います。当然、どなたも夫婦間や職場等で話し合いを持ちながら子育て活動を進めていることでしょう。その時に方法論や思いは伝えますよね。しかしその前に、是非自分たちの本質について考えてみましょう。何故なら、私は先に本質を知ることで随分と気持ちが楽になると考えるからです。私達に生まれながらにして備わっている性質「父性と母性」について理解すること、その後ご夫婦それぞれの方法で実践していくことが大切だと思います。次回、この父性と母性について詳しく見ていきましょう。もちろん、ママ側もご一緒に!

※厚生労働省もイクメンパパを応援しています。こちらクロワッサンサイトのトップページ内にありますイクメンプロジェクト公式サイトバナー(一番下の三日月のマークの上)のクリックをどうぞ!