人はみんなメルヘン作家かも!!

前回、「人はみんな想像力に富み、メルヘン作家の素質を持っていると思う。それを成長に使わないのはとてももったいないなあと強く思う」とお話ししました。わたしは、中学生の頃の必須クラブで絵本のクラブに所属したことがあります。このクラブは、もちろん絵本を読むことが目的とされましたが、絵本作りにも挑戦していました。その時は、なかなかストーリーが思い浮かばず、納得のいくものは作れませんでした。中学生ながらもとてもがっかりしていたことを覚えています。

ところが、そんな私でもアートセラピーをするとストーリーを作ることがスラスラ簡単にできるのです。その理由は、アートセラピーが、自己の想像力を引き出し、それを広げていく効果が期待できるということにあります。想像力を育てることは、とても役に立つものです。自分の世界観のイメージを広げるという体験が、思い込みを軽くする助けをしてくれます。
私は、悩みや心配事がある人に、想像力は生まれるものではなく誰にでもある力だと気づいて欲しいです。私たちは幼い頃、書き方を教わらないのにペンを持つと自由になぐり書きをしたり、与えられたおもちゃで遊ぶことができましたよね。人は生まれながらにして、想像力を使って楽しむ術を持っているのだと思います。想像する力から創造する力へと繋がっていくのだと思います。
是非、アートセラピー体験を通じて、まるでメルヘン作家になったかのように、色んなストーリーを描くことを楽しみ、日々の生活に役立ててみましょう!!
※ここでの絵本とは、ストーリー性のある童話を意味して内容を書きました。 心理カウンセリング サロン・ド・クロワッサン

 

ブログページ

ブログ乳腺コンシェルジュマイレッスンビジネスライフお休みの日セラピー&カウンセリング