平成29年1月15日JR西日本あんしん社会財団「いのちのセミナー」尾木ママさん

先日、尾木ママこと尾木直樹さんのセミナーに参加しました。当日は、あいにくの大雪の日だったにもかかわらず、松下IMPホールは800名の席が満席で、改めて、大人気の方だなあと思いました。早速、先生はサプライズの登場で、壇上からではなく、客席から入ってこられました。通路側のお客さんに握手で迎えられました。

演題は「いのちを尊ぶ社会をめざして」です。
内容は、3つの柱で構成されていて、いのち、あい、こころの3つでした。一見、難しそうなテーマですが、全くそんなことはなく、自己紹介もそこそこに、すぐにお客さんの心を掴む内容に入っていきました。

この日は、バス転落事故からちょうど一年の日だったのですが、尾木先生の教え子が4名お亡くなりになったことは、マスコミでも取り上げられていたので、多くの人が記憶にあることと思います。
ニュースでも遺族のご家族の様子が報道されましたがセミナーに参加したおかげで、私は尾木先生から事故当事者の生の声を詳しく聞くことができたんです。私にも、同じ年頃の子どもがふたりおりますので、我が事のように感じてしまい、涙なくして聞くことが出来ませんでした。

尾木先生は、随所に心理学を取り入れて話され、共感の大切さをわかりやすく教えてくださいました。
ここのブログで共感の事をテーマにしている私も、改めて「共感の力をもっと磨きたいな」と感じました。

約1時間半のセミナーでしたが、終始笑い有り涙有りで、あっという間の有意義な時間を過ごすことが出来ました。
最後になりましたが、尾木先生、JR西日本あんしん社会財団さま、貴重な時間を頂きどうもありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます!