代表者のごあいさつ


クロワッサン合同会社 代表社員 西坂 佳余子

滋賀県を拠点に『悩みを抱える女性経営者様』、『乳がんで悩んでおられる方』、『働くお母さん』…そんな悩みを抱える方のために、丁寧なカウンセリングと、アートセラピーで、心のケアのお手伝いをしています。 

 

働く女性は、みんな、とっても忙しくて自分のことはそっちのけ…頑張り屋さんで ついつい無理をしがち… そんな感じしませんか?

 

「普段からどうも風邪っぽい」「アレルギーかしら?」「更年期のイライラ」 「家庭や人間関係に悩んでいる」「子育てが上手くいかない」「仕事のストレスを処理できない」…そんな心の中にある不安や悩みを誰かに打ち明けたい!…と思ったことはありませんか?

 

そこで、友達とランチやお茶会をするように、気軽に日々の気持ちのケアをするきっかけがあれば、きっと今より充実した人生を送れると思うんです。

 

サロン・ド・クロワッサンは、ストレスの多い現代を生きる女性に寄り添い、あたたかくサポートいたします。 

 

基本姿勢:「一人でも多くの女性が、イキイキと暮らせるように尽力していく」

コンセプト:「もっとセラピーを身近に」どうすればセラーピーがみなさんにとって身近になるか?気軽に参加していけるきっかけづくりを提供していきます。


《代表者プロフィール》

自己紹介

 

  • 滋賀県大津市在住。
  • 1964年、弁護士の父と専業主婦の母の間に、長女として誕生。
    A型てんびん座。追手門学院大学社会学部卒。
  • 一男一女の母
  • 趣味は湖畔のバードウォッチングと道の駅巡り
  • 学生時代は2回「ビワイチ」にチャレンジ

カウンセリング経験
  • 20年のワーキングマザー経験の中でも、約10年の病院勤務経験を武器に、顧客の「心と身体」の相談を数多く受けている。
  • アートセラピーを活用したカウンセリングは、「楽しい」「癒される」「新しい発見がある」と大好評

乳がん発症
  • 2017年9月、乳がんを発症。セカンドオピニオン先の病院で、浸潤性小葉がんステージⅡと診断される。
  • 突然がん告知をされ一時期は精神的にパニックになるも、アートセラピーを使って気と向き合い気持ちを整理。主治医が「とても思い切りの良い患者さん」と太鼓判を押すほどの冷静さで治療方針を迷うことなく決定。
  • 同年12月25日、摘出手術を無事成功。

アートセラピーで回復
  • 術後は、なれない入院生活と痛みのために不眠となるが、病院のベッドでアートセラピーをし続け、その後順調に回復。

社設立

 

  • 体調が安定した頃、自分と同じ痛みや苦しみを抱えている女性たちの力になりたいと考えるようになる。
  • 翌年3月にクロワッサン合同会社を設立。
  • 会社を作り頑張っていくという勇気と、「乳腺コンシェルジュ」という使命を得たのも、病気がくれた特別なクリスマスプレゼントであると信じる。
  • 「お客さまのセッション後の輝く笑顔で、逆に元気をもらえる」と日々業務に奔走中。


《資格等》

 



《代表者の略歴》

~心理カウンセラー、アートセラピストへの経緯~


(0歳~22歳)

 

・幼い頃は身体が弱く、神経質で引っ込み思案。肌や気管支等もとてもデリケート。

 

・中2の時の引っ越しをきっかけにいじめにあう。

いじめからコミュニケーション力が高まり、高校時代からは多くの友人に恵まれる。

 

・絵を書くのが好きで、5歳~18歳までアートを学ぶ。

 

・美大進学を希望も、親の希望と合わず、進学は社会学を専攻、男女雇用機会均等法(1986年4月施行)を研究。女性の社会進出について興味を深めた。

 

 


(22歳~45歳)

 

・卒業時はちょうどバブル期で、不動産会社に入社し人事課に所属。パートさん達の補佐や窓口業務、社長秘書等の役割も果たす。

 

・寿退社し、二度の出産。出産の時は、喘息に苦しむ。

 

・6年間の専業主婦

 

・子供が成長し離れていったことで、心の中にぽっかりと穴が開いたような気持ち「空の巣症候群」になってしまう。毎晩、夜空の三日月に向かい自分自身の在り方を問いかけた。


(45歳~)

 

・喫茶店ウエイトレス、和菓子店の販売、レストランのオープニングスタッフを経験し、病院内売店のオープニングスタッフに採用される。

 

・病院勤務では、販売員として働く以外に患者から悩みを相談されるようになり、人の心を癒やす仕事に取り組みたいと思うように
医療スタッフと患者 、またそのご家族と関わる日々の中から「人は元気で忙しい時も病気の時も自分の心につねに目を向けることが重要」と感じた。

 

・その気持ちがきっかけで心理学に興味を持つ。

 

・その後アートセラピーに出会い、東京のクエスト研究所で学ぶ。アートセラピストとメンタルケアアドバイザーの資格を取得し、2013年にカウンセリング活動を開始。

悩める女性が充実した人生を送れるようにサポートしたい。


《クロワッサン社名の由来》

クロワッサン 弊社社名の由来。よくご質問を受けます。

「パン屋さんみたいですね」と言われます。

 

croissant=フランス語で「成長」の意味。

満月の前の「三日月」から来ているそうです。

私が子育てが終わる頃に、毎晩月に向かって自分探しをしていたことから名付けました。

お客様と自分自身が一緒に成長していきたい。

そんな想いの詰まった社名です。

『子育てが終わるころの女性のみなさんへ』のメッセージ動画



《執筆書籍》

私が輝く!美肌セラピー: ~超敏感肌の私が肌疾患を克服できた理由~

アマゾンにて発売中! 定価327円(キンドル版)
アマゾンにて発売中! 定価327円(キンドル版)

ワーキングマザーであり、心理カウンセラーでもある筆者が、大きなストレスを抱えていた頃に発病した肌疾患を、どのようにして克服しさらに美肌を手に入れたのか、その体験を本書で語ります。

本書は、「美肌とは何か?」「セラピーとは何か?」を知ることができる内容です。学生時代に習得した国家資格と、母親となってから習得したセラピーの知識が、筆者の実生活での経験と融合された内容となっています。きっと、あなたに必要な「大切なもの」が手に入ることでしょう。

 

 第1章 きっかけ編

 第2章 トライアルの日々

 第3章 メイクアップカラーセラピー 

 

※子育て真っ最中のママやアラフォー・アラフィフ世代でお肌にお悩みのある女性へ。(筆者によるほんわかイラスト入り)